RS232C機器のピン配列とケーブル接続はどのようになっていますか?
     各種機器によって異なりますので、下記の説明をご参照ください。
RS232C機器の一般的ピン配列
注1) は外部機器から入力する方向
は外部機器へ出力する方向
注2) [CD],[RI]は、モデムを接続する場合を除いて通常使用しません。
注3) RS232Cの端子に、電源(例えば+5V)を出力している機器があります。
間違えて接続すると、相手機器を破損する場合がありますので、ご注意ください。
1) 機器 
@ 9ピン−オスDTE配列の機器 (PCなど一般的な機器の配列)
 
ピン番号 信号名 方向 備考
1 CD 通常使用されない
2 RXD
3 TXD
4 DTR
5 GND
6 DSR
7 RTS
8 CTS
9 RI 通常使用されない
   
A 9ピン−メスDCE配列の機器 (モデムなどの配列)
 
ピン番号 信号名 方向 備考
1 CD 通常使用されない
2 RXD
3 TXD
4 DTR
5 GND
6 DSR
7 RTS
8 CTS
9 RI 通常使用されない
   
B 25ピン−メスDTE配列の機器 (旧式の機器などの配列)
 
ピン番号 信号名 方向 備考
1 FG
2 TXD
3 RXD
4 RTS
5 CTS
6 DSR
7 GND
8 DCD
15 ST2 同期式(BSC)機器にのみ使用
17 RXC 同期式(BSC)機器にのみ使用
20 DTR
24 ST1 同期式(BSC)機器にのみ使用
   
C 25ピン−オスDCE配列の機器 (モデムなどの配列)
 
ピン番号 信号名 方向 備考
1 FG
2 TXD
3 RXD
4 RTS
5 CTS
6 DSR
7 GND
8 DCD
15 ST2 同期式(BSC)機器にのみ使用
17 RXC 同期式(BSC)機器にのみ使用
20 DTR
24 ST1 同期式(BSC)機器にのみ使用
2) 接続例 
1)の機器No. 3)のケーブル結線図No.
@と@ Dの両端メス(9ピン)のクロスケーブル
AとA Eの両端オス(9ピン)のクロスケーブル
@とA Fの片端オス(9ピン)で、片端メス(9ピン)のストレートケーブル
BとB Gの両端オス(25ピン)のクロスケーブル
CとC Hの両端メス(25ピン)のクロスケーブル
BとC Iの片端オス(25ピン)で、片端メス(25ピン)のストレートケーブル
@とB Jの片端オス(25ピン)で、片端メス(9ピン)のクロスケーブル
3) ケーブル決戦図
@ 両端メス(9ピン)のクロスケーブル
 
   
A 両端オス(9ピン)のクロスケーブル
 
   
 B 片端オス(9ピン)で、片端メス(9ピン)のストレートケーブル
 
   
C 両端オス(25ピン)のクロスケーブル
 
   
D 両端メス(25ピン)のクロスケーブル
 
   
E 片端オス(25ピン)で、片端メス(25ピン)のストレートケーブル
 
   
F 片端オス(25ピン)で、片端メス(9ピン)のクロスケーブル
 

このページのTOPへ