RR-Po422

◆市販のLANケーブルでRS232C機器間を最大500m延長できます。
◆端末側は無電源で、さらに接続機器に電源供給可能です。

RR-Po422M/RR-Po422S

※RR-Po422は【RR-Po422M】と【RR-Po422S】の2台1組で使用します。

◆接続構成イメージ

RR-Po422接続構成図

◆外観図

RR-Po422外観図

◆特徴

・RS232CをRS422に変換してRS232C機器間を延長するRS232C/RS422変換器セットです。
・主局側の【RR-Po422M】と、端末側の【RR-Po422S】の2台1組で使用します。
・RS422コネクタはRJ45を2ポート実装(クロス用/ストレート用)し、市販の
 LANケーブルがそのまま使用可能なので、配線/敷設作業等が容易に行えます。
 (LANケーブルはクロス/ストレートどちらか一方の使用が可能。)
・RS232C機器間はRS422に変換して最大500m延長可能です。(CAT6ケーブルで実測。)
 (端末側の機器に電源供給する場合は距離の制限あり。)
 >>通信距離と出力電源の対比表ご参照下さい。
・TXD(RXD)/RTS(CTS)/DTR(DSR)を双方向で変換するので、三菱シーケンサや
 オムロンPLCなど制御線を含む機器にも使用可能です。
・電源は主局側のRR-Po422MにDC24Vを給電し、端末側のRR-Po422SはLANケーブル
 を通して受電します。
 さらに端末側のRR-Po422Sに接続される外部機器へ電源供給可能なので、
 電源ケーブルの配線が難しい所にも機器の設置が可能です。
・主局側(RR-Po422M)のDC24V電源はお客様手配です。(別売で専用ACアダプタも販売しています。)
・耐ノイズ特性としてRS422側はフォトカプラで光絶縁されています。
・RoHS指令対応品です。
・オプションのDINレール取付金具を装着すればDINレールへの固定が可能です。
 「DRA-1」詳細ページへ

RR-Po422MのRS422側

◆概略仕様

RR-Po422の詳細マニュアルはこちらから

  • 型式
  • RR-Po422
    (RR-Po422MとRR-Po422S)
  • 最大通信距離
  • 500m
  • RS232C最大通信速度
  • 115.2Kbps
  • 変換インターフェイス
  • RS232C/RS422(双方向)
  • 変換信号線
  • TXD(RXD)/RTS(CTS)/DTR(DSR)
  • 外形寸法
  • W93×H27×D104mm±1
    (コネクタ等の突起物除く)
  • 重量
  • 300g/1台
  • 動作温度
  • 0~50℃
    (ACアダプタ使用時:0~40℃)
  • 消費電流
  • 50mA/DC24V(最大)
  • ノイズ対策
  • フォトカプラ絶縁
    (RS232CとRS422間)
  • RS232Cコネクタ
  • Dsub9ピンオス(DTE配列)
  • RS422コネクタ
  • RJ45モジュラジャック*2ポート
    (Normal or Revers) 排他的使用
  • 接続機器への電源供給
  • 端末側のRR-Po422S
    から供給可能 ※1

※1 通信距離と出力電源の対比表ご参照下さい。
  また「定電圧」でDC5VまたはDC12Vを出力させることも可能です。(通信距離:MAX150m)
  弊社サポート迄ご相談下さい。

◆プライス

  • 型式
  • 標準販売価格
  • RR-Po422
  • ¥68,000
    ※2台1セット
  • RR-Po422専用ACアダプタ
    オプション
  • オープンプライス
    (1セットに1個必要)
  • DINレール取付金具(DRA-1)
    オプション
  • オープンプライス
    (1台に1個必要)

※上記は税抜き価格です。
※消費税に関する改正法に基づき、消費税をご請求申し上げます。