Enet-XPORT

◆【Enet-XPORT】はLantronix社のXPortを内蔵したイーサネット/RS232C
  プロトコルコンバータで調歩同期RS232Cとイーサネットの異なる通信プロトコル
 を双方向通信させることが可能です。

・ご注意
Enet-XPORTは、各種設定値の内容や設定値による動作仕様が他のEnetシリーズ
と異なります。
Lantronix社のXPORTのご使用経験があり仕様・設定に精通されているユーザー
様を対象としてNETSHOPのみで販売される製品になります。
弊社では、こちらの製品のサポートは致しませんのでご注意下さい。

Enet-XPORT 2台で撮影

◆接続構成イメージ

Enet-XPORT接続構成図

◆特徴

・【Enet-XPORT】はLantronix社のXPortを内蔵したイーサネット/RS232Cプロトコルコンバータ
 で調歩同期RS232Cとイーサネットの異なる通信プロトコルを双方向通信させることが可能です。
 ご注意:Enet-XPORTは、各種設定値の内容や設定値による動作仕様が他のEnetシリーズと異なり
     ます。 ご購入に際しては、貸出機を使用されて動作検証を行う事をお勧めします。
・入力電圧AC85V~AC264Vに対応したワイドレンジAC電源を内蔵しています。
・RS232C側はフォトカプラで絶縁しておりRS232Cラインから混入したノイズを波及させません。
・イーサネットチャンネルは、10Base-T、100Base-TXに標準で対応しています。(自動認識)
・イーサネット側通信プロトコルはARP、TCP/IP、UDP、ICMP、Telnet、TFTP、AutoIP、DHCP、
 HTTP、SNMPを内部に標準で搭載しています。
・RS232Cは最大115.2Kbpsで通信させることが可能です。
・シリアル通信条件、イーサネット関係の各種アドレス等はWebマネージャーやセットアップモード
 を使用したTelnetやシリアル経由で行います。(詳細はユーザーズマニュアルをご参照ください。)
・コマンドの発行出来ないRS232C機器(測定器、バーコードリーダ等)も自動開設等の設定を
 行えば 接続可能となります。
・イーサネットを利用した【Enet-XPORT】同士の通信も可能でRS232C機器間を延長することが
 できます。 (既存のLAN設備を使用して長距離のRS232C機器間通信を可能にします。)
・オプションのDINレール取付金具を装着すればDINレールへの固定が可能です。
 「DRA-1」詳細ページへ
・RoHS指令対応
・1年保証対応
・RS232C調歩同期シリアルチャンネルは以下の設定が可能です。
 通信速度:300~115.2Kbps
 ストップビット:1/2
 パリティ:EVEN/ODD/なし
 ビット長:7/8
 フロー制御:XON/XOFF、RTS/CTS(固定動作)

◆概略仕様

 ※Enet-XPORT詳細マニュアルはこちらから<<<<
 ※回路図はこちらから<<<<

 ※ユーティリティーソフト/CDイメージダウンロード(約270Mbyte)<<<<

Enet-XPORT概略仕様

◆プライス

Enet-XPORTはNETSHOPのみで販売の製品となります。
価格につきましては、NETSHOP <<< こちらをご参照下さい。