DMX-WF1

■DMX-WF1は、RS232CポートとWi-Fiポートを有するインターフェイスです。
 【DMX-WF1M】(マスタ側)と複数台の【DMX-WF1S】(スレーブ、最大4台)間を
 Wi-Fiで通信することで、無線でRS232Cマルチプレクサを構成することが出来ます。

DMX-WF1MとDMX-WF1Sを2台で撮影

 

◆接続構成イメージ

 

◆特徴

・本体は小型形状のコネクタサイズ。
・無線部はWi-Fiが使用されているため、Bluetoothと比較して長距離での使用が 可能である。
・多機能のポーリングモードが用意されているので、ユーザ側のソフト負担が少ない。
・設置現場における、機器間のRS232CケーブルやRS422のケーブルの配線が無用。
・DMX-WF1M(マスタ)とDMX-WF1S(スレーブ)間の通信距離は、50~100mです。

◆概略仕様

  • 環境温度
  • 0~50℃
  • 環境湿度
  • 結露なきこと
  • 重量
  • 25g
  • 電源
  • USB電源(5V出力)ユーザ手配
  • インターフェイス
  • RS232C Dsub9ピン(オス)DTE配列 DTRとDSRは内部で短絡 Wi-Fi 2.4GHz技適取得済
  • S232C通信仕様
  • 10Kバイトの送受信バッファ

※DMX-WF1マニュアルはこちらから<<<<  

◆プライス

  • DMX-WF1M
  • ¥24,000

  • DMX-WF1S
  • ¥20,000

※上記は税抜き価格です。 ※消費税に関する改正法に基づき、消費税をご請求申し上げます。